バイク王でドラッグスター250 (ヤマハ)は高く売れる?

バイク

250ccながらアメリカンな雰囲気が魅力のドラッグスター250。
バイク王に並ぶ中古車でも一際目を引くその外観は、エンジンが車体の低い位置に配置されているので、ローダウンフォルムとなっていて、 シート高も670mmと低くなっています。ホイールベースは1530mmと長めです。

搭載されるエンジンは空冷・Vツインエンジンで、キャブレターにはスロットルポジションセンサーが装着されています。 スロットル開度に合わせて点火時期制御が適切に行われるので、スロットルレスポンスが向上し、パワフルな走りを実現しています。

ドラッグスター250のおすすめポイント

ドラッグスター250はシート高が低く車重160kgと軽量なことから小柄な男性や女性にも乗りやすくなっています。 カラーリングもブルーイッシュホワイトパール、マットグレーメタリック、ディープレッドメタリックと3種類用意されているので、好みのカラーが見つかることでしょう。

タンクオンメーター、ミラー、エアクリーナーカバーにはクロームメッキが施されているので、美しさと高級感が感じられます。 乗ってみると車体の低さから足つきが良いです。シートの形状もフィットする感じで、硬くもなく柔らかくもなく、座り心地はちょうど良いです。

エンジン音は低音で重厚感がありますが、音自体は抑えられているので住宅街でも気兼ねなく乗れるでしょう。 250ccなのでパワー面に関しては過度に期待はできませんし、加速性能も高くはありませんがスピード重視でなければ満足できるレベルです。

走行中ミラーはぶれず見やすいです。ツーリングなどの長距離走行には適していますが、 60km/hを超えたあたりから振動が出始め、90km/hぐらいからはさらに大きな振動になるので、長い距離をゆったりと走る感じが良いでしょう。

ドラッグスターシリーズの中ではハンドル幅が広いのでUターンする時などは多少不便です。 コーナリング性能も高くないので、スピードを出しながらのコーナリングには注意が必要です。 ヤマハドラッグスター250は男性、女性を問わず気軽に乗りやすいものになっていて、ゆったりとクルージングするのに向いているバイクであると言えます。

ドラッグスター250のバイク王での人気は?

現行モデルは通常モデルのドラッグスター250と、 クラシカルなカラーリングが施されたドラッグスター250クラシックエディションの2択。

どちらを選ぶかは好みの問題でバイク王の買取り価格に大きな差はない。

ドラッグスター250の主要装備とスペック
デジタルメーター
×
ABS
×
収納スペース
×
全長×全幅×全長2320mm×935mm×1070mm
シート高 670mm
排気量 248cc
排気量 20ps(15kw)/8000rpm
最大トルク1.9gm(19Nm)/6000rpm

こちらの記事も参考にしてください

バイク王の査定や買取りの口コミは?